カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリー
ご利用の手引き
春の甘夏!無農薬栽培の道を歩みながら育てています。爽やかな味わいを、ぜひお試しください。 ※出荷期間は4月中旬〜5月上旬頃までを予定しています。
甘夏みかん
1,200円(内税) 〜 2,300円(内税)
売り切れ中です
各オプションの詳細情報
規格 5kg入り
規格 5kg入り
1,200円(内税)

規格 10kg入り
規格 10kg入り
2,300円(内税)

甘夏みかん
1,200円(内税) 〜 2,300円(内税)

・この商品の出荷期間は4月中旬〜5月上旬頃までを予定しています。出荷時期の到来までにいただいたご注文は「ご予約」として承ります。ご予約の際にお届け日のご希望がございましたら、前述の出荷予定期間内でご注文フォームの備考欄にお書き添えいただけますよう、お願いいたします。
・出荷期間の異なる青果類とは別々にご注文いただけますと助かります。まとめてご注文いただいた場合は、こちらで出荷時期の振り分けを行った後にメールにてご連絡をいたします。

・10kg入りは2箱まで、1個口でお送りできます。この場合、配送料区分はCです。
・5kg入りと10kg入りは1箱ずつであればまとめて1個口でお送りできます。配送料区分はBです。
・5kg入りは3箱まで1個口でお送りできますが、2箱を別の箱で覆いその上に1箱載せて2段重ねにするという形態になります。配送料区分はBです。
※ご注文できる規格以外をご希望の場合、まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。できるだけご要望に沿えるよう、出荷形態を検討してまいります。 例)「複数人で分け合うので、全部で14kg欲しい」「少量希望、3kg欲しい」など

春なのに、甘「夏」?。

甘夏の輪切り写真

いや、春だからこそ、甘夏(あまなつ)なのかもしれません。
夏みかんの枝変わりとして生まれた甘夏は、ほどよい酸味を引き継ぎながら早いうちから食べられる、いわば夏みかんの早生系にあたります。生食はもちろん、甘すぎないので料理にもお使いいただけますし、皮はマーマレードやピールに加工できるのも楽しみのひとつ。
4月に入ってから収穫した甘夏は樹上でよく完熟しており、さわやかな味わい。春風に吹かれながら食べると幸せな気分になります。

限られた季節の味わいを、どうぞお楽しみください。

※「甘夏のむき方」動画をガイアのウェブサイトにアップしました!甘夏の皮をむく際の参考になさってください。
⇒ 【保存版】甘夏のむき方

甘夏のむき身

この甘夏を育てている人。

生産者の岡本守・穂積、高倉鼓子。

左から岡本穂積さん、守さん、そして高倉鼓子。

今季より高倉鼓子に加えて、岡本守さん・穂積さん夫妻の甘夏がお目見えです。岡本さんは無農薬栽培、今季分についてはJAの果樹用肥料を施肥しています。鼓子の甘夏は昨季より引き続き無農薬・無施肥栽培です。

岡本さんに会いに行った記事も、ぜひご覧ください!
>> https://gaiaminamata.net/diary-20190411

二年目のはなし。

「農薬と肥料を使わずに、甘夏としらぬいを育てる」。
この試みが、二年目を迎えました。結論から言うと、甘夏は豊作でした。私の主観ですが味も良いです。慣行栽培と比べても遜色ない外観で、「本当に農薬使ってないの?」と尋ねられるほどです。

・・・使っていません(笑)。
草がぼうぼうと生えているのを見てわかるように、除草剤も使用していません。

鼓子の甘夏園

甘夏は好調ですが、しらぬいは時とともに樹勢が弱っているのを感じます。昨年は、テッポウムシにやられて枯れる樹も出ました。収量も少ないのでお客様への出荷は諦め、青しらぬい(10月頃の摘果みかん)のみを収穫し、懇意にしていただいている福田農場さんへ出荷することにしました。現在、果汁たっぷり(なんと45%!)のぽん酢に生まれ変わっています。

福田農場「果汁たっぷりぽんす」
>> https://store.shopping.yahoo.co.jp/fukuda-farm/4039.html
(甘さと酸味のバランスが絶妙で、しらぬいならではの良さを味わえます。オススメの一品です。)

二年目の夏は酷暑でした。雨も少なく、玉伸びが止まるのではと不安になるほど。何より、暑すぎて作業がはかどりませんでした(笑)。
ボンヤリしていると、しらぬいの樹には次から次へとテッポウムシ(ゴマダラカミキリムシの幼虫)が入り、多いもので1本の樹から7匹も見つかる始末。見つけ次第手で潰しますが、一週間もすれば再び入ります。どうしてこんなに弱ってしまったのか、未だに理由がわかりません。枯れ枝を剪定したので樹はすっきりしましたが、心のモヤモヤは晴れないまま。来季、果たして実をつけるのか、先行きは不透明です。

剪定したしらぬいの樹

剪定をしたしらぬいの樹。

「やっぱりしらぬいは難しいなあ・・・」と呟きながら、甘夏へと植え替えを進める準備をしています。

それに比べて甘夏の樹の、強いこと・・・!
夏の暑さをものともせず、秋雨のおかげで玉は大きく伸び、玉数、大きさともに昨年よりも良いです。笑ってしまうほどに実がなり、どれも綺麗で大きいため、摘果に困りました。迷った挙句、ほとんど摘果をせずに生らせていたら、隣の園主からは「そぎゃん欲かいたら、つまらんぞ」と言われてしまいました。その通りです、ハイ・・・。
4月中旬には収穫を終えて、樹を休ませてあげようと思います。

いろいろなことがあった一年でした。
園の持ち主だった田上さんが亡くなられたことは、一番大きな変化でした。それゆえに賃貸契約が白紙になり、一時はもう甘夏が作れなくなるのではないかとヒヤヒヤしました。けれども何とか園だけは続けられることになり、とりあえず5年はこのまま作っていて大丈夫というところに落ち着いています。
5年後、状況がどのように変化しているかはわかりませんが、そんな中でも甘夏の苗木を100本植えた私は、自分でも少し狂っているなと思います(笑)。「植えたもん勝ち」ではないけれど、もし私が作ることができなくなっても、誰かが甘夏を作り続けてくれて、あわよくばその人がきばるの生産者になってくれれば、それで良い。そんな気持ちでいます。

甘夏の苗木

すくすくと成長してくれますように!

人の気持ちは移り変わるけれど、樹は人が切らない限り、そこにあります。
黙って根を下ろし続ける彼らに、私なりの情熱を注ぐのみ。
甘夏の母ちゃんになるつもりで、気合を入れて頑張ります。今季の甘夏も、どうぞよろしくお願いいたします!

文=高倉鼓子

この商品の基本情報

商品名甘夏
原産地熊本県水俣市
価格5kg入り 1,200円(税込)
10kg入り 2,300円(税込)
発送期間4月中旬〜5月上旬頃まで
生産者名岡本守・穂積(おかもとまもる・ほづみ)、高倉鼓子(たかくらつづみこ)
施肥岡本守・穂積:ガイア有機
高倉鼓子:無施肥
防除岡本守・穂積:なし
高倉鼓子:なし
注意事項※大小混合。1キロで3玉ほどが玉数の目安となります。
※気温の上昇に伴い腐敗しやすくなりますので、1〜2週間程度を目安にお召し上がりください。新聞紙に一個ずつ包み、冷蔵庫の野菜室に保管しておくと比較的長持ちします。
※防除をしていないため、果皮に病虫害(果皮を黒くする黒点病、コルク状の斑点を残すカイヨウ病など)の目立つ場合がありますが、中身に影響のあるものはほとんどありません。
※ワックスをかけていないため、表面に薄くススなどが付着している場合があります。皮を使われる際は軽く水で洗ってからお使いください。