あおさのり

春を告げる、風物詩。

手軽に使えて、おいしい!あおさのりは、海辺の街に春を告げる風物詩です。
熱いお味噌汁に、手でちぎったあおさを入れる。湯気とともにお椀から立ちのぼる、磯の香り。
食物繊維やカルシウムなどの栄養が豊富なのも、魅力のひとつです。

色々な料理にお使いください。

味噌汁やお吸い物だけでなく、うどんやラーメンなどの麺類、炊き込みご飯やおにぎりにも。
また水に戻して天ぷらやサラダの具としてもお使いいただけます。
水俣、そして長島産のあおさのりを、ぜひご賞味ください。

「豊かな海」を目指して。

海水温の上昇や赤潮の影響で、近年は不作が続き、大変なこともしばしば。
しかし、そんな厳しい状況の中でもあおさの養殖を続ける漁業者がいます。
水俣であおさを養殖するのが、前田さんが営む「前田水産」。
前田さんは、水俣湾に浮かぶ恋路島のすぐそばで養殖を行っています。

笑顔の絶えない前田夫妻。左がやす子さん、右は和昭さん。

あおさは種付けから収穫、洗浄、乾燥にごみ取りと手作業が多く、手間がかかるもの。
さらには品質向上のために、海水温に合わせて収穫時期を調整するなどの工夫も必要です。

そんな作業のひとつひとつに向き合う前田さんに会いに行った記事、ぜひこちらからご覧ください。
>>ガイアのブログ「前田さんに会いにゆきました」

水俣の海はかつて「死の海」と呼ばれ、多くの生き物たちのいのちが犠牲になりました。
それが今は「きれいすぎる」と驚かれるほど、海はその姿を回復しています。

いつかまた、再び以前のように、いのちが溢れんばかりの豊かな海と出会いたい。
きれいなだけではなく「豊かな海」を目指すために、私たちができることは、何か。
前田さんが向き合う生業を手がかりにそれを考えていくことは、決して無理ではないと思うのです。

この商品の基本情報

商品名あおさ
原材料名ヒトエグサ(熊本県産・鹿児島県産)
内容量25g入
価格360円(税込)
賞味期間180日
生産者名前田水産(熊本県水俣市)、東町漁協(鹿児島県長島町)
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。また、色落ち防止のために、冷蔵庫か冷凍庫での保存をおすすめします。
注意事項※着色料、保存料などの食品添加物は一切使用しておりません。天然の磯の香りをお楽しみください。
※当製品のあおさには、カニ、エビその他海中の浮遊物が付着している場合があります。取り除いてお使いください。

栄養成分表示

熱量たんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
33kcal5.5g0.2g10.4g2.5g

1袋(25g)当たり ※この表示値は、目安です。

  • 360円(内税)